圧着はがき・DM通信

A3二つ折り圧着DMのUVニス圧着とフチ糊圧着の違い

こんにちは。

東京にて営業活動を行っている常務取締役 寺澤 昌吾です。

本日は、A3二つ折り圧着DMのUVニス圧着とフチ糊圧着の違いについて、話をさせて頂きます。

 

UVニス圧着とフチ糊圧着の違い

UVニス圧着(弊社表記:A3二つ折り圧着)

「UVニス」で全面を圧着します。

開くと光沢のある綺麗な見栄えの圧着面となるため、特に圧着面へ商品の写真を印刷するお客様へはお勧めです。

部分的にUVニスを抜くことで、その部分に油性のボールペンで書き込むことも可能です。

(UVニスを抜く際は、サイズや場所に注意が必要ですので予めご相談ください)

また、弊社はUVニス圧着を得意としているため、フチ糊圧着よりも短納期・低価格にてご提供できるようになっております。

フチ糊圧着(弊社表記:大判二つ折りフチ糊圧着)

「線糊」でフチ(四方)を圧着します。

開くと糊が付着した部分は糊の痕が若干白く残り、それ以外は用紙のままの状態となります。

UVニスよりも強くインキ剥がれを起こしやすいため、線糊が付着する部分には極力印刷を避けて頂いております。

 

従来のチラシや封筒にチラシを封入したDM類よりも、情報量やコスト面において優位性があり、最大の魅了『開封率が他のDMよりも高い』ことで「UVニス」と「フチ糊」どちらのA3二つ折り圧着DMも最近では、多くのお客様にてご利用頂いているように感じます。

また、ミシン目やUVニスの抜きを行い、返信はがきを付けて注文やアンケートを行うお客様や、A4一枚分をファックス送信用にご利用頂くお客様もいらっしゃいます。

 

ユニオン印刷の圧着はがき・DMで、皆さまの宣伝広告がより効率的な効果が発揮できますようご協力して参ります。

是非、お気軽にお声掛けください。現場スタッフ一同心よりお待ちしております。