圧着はがき・DM通信

刷り本(印刷物)支給の圧着加工

いつもホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

浜松本社営業部の日内地です。

先日の更新記事に秋のキャンペーン告知などに『圧着はがき・DM』と『抽選券(圧着くじ)』をご提案させて頂きましたが、その後おかげさまでキャンペーン告知の圧着はがき・DMのご注文が多数あり、大変ご好評頂いております。

また、キャンペーンなどの催しを演出するのに『抽選券(圧着くじ)』も是非ご検討ください。

さて、今回はそんなキャンペーン告知の『圧着はがき・DM』のご注文が多数ある中で、同業者様から刷り本(印刷物)支給で、圧着加工の工程のみ請負って頂けないかとお問い合わせがありました。

その際、通常のご注文時と別に確認事項がありますのでお伝えします。

 

刷り本(印刷物)支給での圧着加工注意事項

  1. 材料である用紙の製紙メーカーと、用紙材質を確認。
  2. 材料であるインキメーカーを確認。
  3. 実際印刷する時と同じ環境で印刷した印刷物で事前に圧着確認。
  4. こちらからお願いする面付け指示。

※初回以降も同じ仕様で刷り本(印刷物)支給して頂ければ、2回目以降の圧着確認は不要となります。

 

今回、用紙は北越製紙のミューマット<57.5>で、DICグラフィックスのインキを使用とのことで、当社実績のある用紙とインキでした。印刷物支給の場合、圧着面の相性などもありとても繊細な加工で面付け指示などもありますので、必ず印刷前に弊社へお問い合わせください。(上記記載以外のこともご確認する場合があります)

 

今回の刷り本(印刷物)支給の案件は、カラー印刷後、キャンペーンごとに掲載コメントがそれぞれオンデマンド印刷にて可変(バリアブル)で刷り込まれている特殊なものでしたが、ニス版(樹脂版)に窓を開け、部分的に圧着させないことで解消致しました。

オンデマンド可変(バリアブル)印刷後の圧着加工注意事項

  1. 圧着面のオンデマンド可変(バリアブル)印刷部分のトナーが開封時に剥がれてしまう現象が出やすいです。
  2. オンデマンド印刷では、印刷部分のみ、または印刷面全体にオイルを塗付するため、圧着で使用するニスは弾かれ圧着に支障をきたします。(全面塗付の場合は圧着が出来ない場合があります)

今回のように正規発注の前にお試し検証をお客様にオススメし実施したこともあり、ご要望に御応えできたと思っています。

まだまだ改善点などもあると思いますが、お客様と良い製品を製造することを今後も努めたいと思っています。また刷り本(印刷物)支給の案件がありましたら、できる範囲でお伝えしたいと思います。

 

-当社の圧着ハガキ加工実績は十三年-

『日本一早い!』

『日本一安い!』

『日本一高品質』

をモットーに取引先様には高い評価を頂いております。

『日本一早い』 ユニオン印刷は業界最速の丁寧に翌日出荷!

『日本一安い』 ユニオン印刷は初回無料でお試し印刷をご提案!

『日本一高品質』ユニオン印刷のUVニスは光沢があり高級感を演出致します!

 

広告類やDM類を顧客様に郵送する企業様におかれまして、圧着はがき・DMをご利用 されるケースが多くなりました。当社の圧着はがき・DMは通常ハカギより、V型だと二倍、Z型だと三倍の情報量を掲載できるほか、顧客様のみに知らせたい情報を機密に郵送できるため、喜ばれています。 また圧着はがき・DM加工に使用されるUVニスは、焼却しても有毒ガスが発生しないため、環境に優しい印刷物を使用することにより企業PRにもなっています。

これからの季節、いろいろなイベントやキャンペーンが催されますが、弊社のご提案する『抽選券(圧着くじ)』は全国各地のイベント、キャンペーンでご利用頂いております。

活気ある催しに『抽選券(圧着くじ)』で更に盛り上がり間違いなし!!

是非ご検討ください。

また、同業者様におかれましては刷り本(印刷物)支給でのお問い合わせもお待ちしております。

スタッフ一同真心込めて圧着加工製品をお届け致します。