圧着はがき・DM通信

発送代行業者とは?メリットとデメリット・選び方・DM発送のポイント

ECサイト運営の業務は、商品発送・DM発送・在庫管理顧客対応などさまざまです。近年、ECサイト運営の業務効率化を図るために、発送代行業者を利用する人が増えています。

発送代行業者を利用する際は、サービス内容が自社に適しているかどうか判断することが大切です。

そこで今回は、発送代行業者の主なサービスと利用するメリット・デメリットについて解説します。発送代行業者の上手な選び方にも触れるため、業務の外注を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.発送代行業者とは?

発送代行業者とは、ECサイト経営者や担当者に代わって商品発送やDM発送などの物流作業を行う業者です。企業向けの発送代行業者もあれば、ネットショップを利用する個人をターゲットとした発送代行業者もあります。

発送代行業者は、複数のクライアントからの荷物やDMを1ヶ所に集め、大口契約として発送する仕組みです。運送会社は荷物やDMを回収する手間が省け、発送代行業者とクライアントは発送コストを抑えられます。

また、発送代行業者は、商品発送やDM発送以外の物流サービスも行うことが特徴です。ここでは、発送代行業者が行う主なサービスについて解説します。

 

1-1.発送代行業者の主なサービス

発送代行業者は、ECサイト運営に関わるさまざまなサービスを行います。発送代行業者が行う主なサービスは、下記の通りです。

  • Webマーケティングやコンサルティング
  • 企画の提案
  • スケジュール管理
  • DM制作や印刷
  • 商品の梱包作業やDMの封入作業
  • 商品やDMの発送
  • 伝票処理
  • 在庫管理

ほかにも、アパレルECサイト向けの商品撮影やコンテンツ作成を行うサービスや、越境ECサイト運営者向けの海外発送サービスを行う発送代行業者もあります。

発送代行業者のサービスは、Webマーケティングから発送まですべてを任せたり、業務をピンポイントで依頼したり、必要に応じて利用範囲を決めることが可能です。すべての業務を発送分野のプロが行うため、丁寧かつ質の高い商品発送やDM発送が期待できます。

 

2.発送代行業者を利用するメリット・デメリット

在庫管理や発送などのバックエンド業務が忙しくなると、Webマーケティングやプロモーションなどのメインタスクがおろそかとなることもめずらしくありません。

メインタスクに集中できる環境を整えるためには、発送代行業者を利用した物流業務のアウトソーシングがおすすめです。ただし、発送代行業者を効果的に利用するためにも、メリットだけでなくデメリットも理解しておきましょう。

ここからは、発送代行業者を利用するメリット・デメリットについて解説します。

 

2-1.メリット

発送代行業者を利用するメリットは、下記の通りです。

〇発送や制作にかかるコストを削減できる

自社で商品発送やDM制作を行う際には、人件費・発送費などの物流コストがかかります。一方、発送や制作のプロは作業効率が良くコスパが抜群です。また、繁忙期やセール時など注文が増える時期にもしっかり対応してもらえるため、臨時スタッフの雇用にかかるコストも削減できます。

〇売上アップにつながる

ECサイトの売上アップには、Webマーケティング・商品開発・販促企画が重要です。発送代行業者の利用によりメインタスクに使える時間を確保できることは、ECサイト経営者や担当者にとって大きなメリットとなります。さらに、DM制作をプロに依頼することで、費用対効果を高めることも可能です。

〇人的ミスが減りサービスの質が向上する

売上が落ち込む原因の1つに、誤配送や伝票処理の遅れなどの人的ミスが挙げられます。発送の仕組みを熟知した専門業者によるサポートは、「人的ミスの減少」「サービスの質の向上」「顧客満足度の向上」に効果的です。

〇在庫保管・DM制作のスペースがいらない

発送代行業者を利用すると、在庫保管用の物件を借りずに済みます。また、商品発送やDM制作などを行う作業スペースも必要ありません。空きスペースを有効活用することで、作業環境を整えたり作業効率を高めたりすることも可能です。

 

2-2.デメリット

発送代行業者の利用には、下記のデメリットもあります。

〇個人情報が漏洩する可能性がある

発送代行業者を利用する際は、顧客リストなどの情報提供が必要です。発送代行業者では個人情報の管理を徹底しているものの、少なからず漏洩のリスクがあることを理解しておきましょう。

〇自社におけるノウハウが蓄積できない

商品発送や顧客対応などのノウハウは、ECサイト運営において貴重な財産となります。しかし、発送代行業者に依頼すると、自社におけるノウハウが蓄積できない点がデメリットです。

〇柔軟な対応が困難となる可能性がある

発送代行業者の利用では、「発送の一時停止」「追加注文の同梱」など自社でできていた柔軟な対応が困難となる可能性があります。また、自社独自の発送の仕組みがあっても、発送代行業者に依頼する際は業者の仕組みに合わせなければなりません。

 

3.発行業者を選ぶ際のポイント3つ

信頼度が高くメリットが大きい発送代行業者を選ぶためには、業者の「サービス内容」「料金」「拠点」を確認することが大切です。

ここでは、3つのポイントについて具体的に解説します。

〇サービスの内容を確認する

発送代行業者には、それぞれ得意分野がありサービス内容もさまざまです。サービス内容の確認では、下記の項目に注目しましょう。

  • 自社が必要としている業務実績があるか
  • 商品に合った保管や対応ができるか
  • トラブルへの対応力があるか

まずは、発送代行業者の特徴や業務範囲を理解して、複数の業者を比較することがポイントです。

〇料金が適正かどうかを確認する

発送代行業者を選ぶ際に、利用料金の安さを判断基準とする人が多く見られます。しかし、単に料金の安さだけで発送代行業者を選んでしまうと、十分なサービスが受けられないこともあるため注意が必要です。

料金が適正かどうか確認するためには、下記のポイントを確認しましょう。

  • 想定している範囲内の料金か
  • サービスの質が安定しているか
  • 費用対効果が期待できるか

料金の安さだけで判断せずに、料金に見合ったサービスが受けられるかどうかをしっかりと見極める必要があります。

〇倉庫・発送所の拠点を確認する

自社に適した発送代行業者を選ぶためには、倉庫・発送所の拠点も重要です。倉庫・発送所の拠点を確認する際は、下記の点に注目しましょう。

  • 拠点エリアの料金相場
  • トラブル発生時にかけつけるまでにかかる時間

都心部に比べて郊外は料金が安い傾向にあります。ただし、拠点が遠方にあると、トラブル発生時にスピーディーな対応ができません。予算とのバランスを考え、万が一を想定したうえで、ニーズに合った発送代行業者を選びましょう。

 

4.DM発送は「印刷+投函代行」のセットがおすすめ

DM発送を依頼する際は、「印刷+投函代行」のセットがおすすめです。「印刷+投函代行」によるDM発送には、下記のメリットがあります。

  • 作業効率がアップする
  • 発送コストを削減できる
  • 短期間でDM発送ができる

高い印刷技術とノウハウを持つ「ユニオン印刷」であれば、下記の作業をまるごと依頼することが可能です。

  • 圧着はがきの印刷
  • 宛名印字
  • DMの区分け
  • 投函作業

料金は、納期と部数によって異なります。発送のタイミングや予算に合わせて、希望のコースを選びましょう。

 

まとめ

発送代行業者の役割は、商品発送やDM発送などの代行です。

発送代行業者の利用には、トータルコストの削減や売上アップが期待できるというメリットがある一方で、自社にノウハウが蓄積されにくいなどのデメリットもあります。発送代行業者を利用する際は、メリット・デメリットを理解したうえで、自社のニーズにマッチした業者を選ぶことがポイントです。

「印刷+投函代行」のDM発送は、業務の効率化やスピーディーなDM発送につながります。発送代行業者の実績や技術にも注目しながら、信頼できる業者を選びましょう。

タイプから注文