圧着はがき・DM通信

パーソナライズDMとは?導入メリットや成功のコツを徹底解説!

近年、ペーパーレス化が進んでいる一方で、紙ベースの「パーソナライズDM」が注目を集めています。パーソナライズDMは、紙ベースのDMとデジタル技術を融合することで、従来のDM手法よりも効率的に広告活動を展開することが可能です。

本記事では、なぜ今パーソナライズDMが注目を集めているのかを解説しつつ、導入するメリットや成功するためのコツについて紹介します。パーソナライズDMをスムーズに始めるための流れについても紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

 

1.パーソナライズDMとは?

パーソナライズDMとは、デジタル技術を活用して顧客一人ひとりに最適化された紙のDMを送る手法のことです。
紙媒体のDMが持つ特性や強みに、デジタル技術を掛け合わせた新しいマーケティング手法で、顧客ごとに最適なアプローチを行うための手段として注目されています。

一般的なDMは、同じ属性を持つ顧客をひとかたまりのターゲットとして、同じ情報を同じタイミングに伝えます。一方でパーソナライズDMは、顧客データ分析をタイムリーに活用し、顧客一人ひとりに対して最適な内容・タイミングのDMを送るという点が大きな特徴です。
パーソナライズDMは、内容やタイミングを顧客の行動・購買履歴・ニーズ・趣味嗜好といった情報をもとに、カスタマイズします。

 

1-1.パーソナライズDMが注目されている理由

デジタル化が全盛の今、紙とデジタル技術を融合させたパーソナライズDMによる広告・宣伝活動が注目されています。なぜデジタルのみのマーケティング技術ではなく、パーソナライズDMが注目されているのでしょうか。

ここでは、現在パーソナライズDMが注目を集めている理由について、詳しく解説します。

●紙(モノ)をしっかりと手元に届けることができ、プレミア感を演出できる

SNSやWeb広告などのデジタル媒体は、自動化や内容の変更を容易に実施できますが、次々と届く情報に埋もれてしまいやすい欠点があります。

しかし、紙のDMであれば、直接顧客の手元に届けることができ、特別感を演出できます。また、紙には保存性があり、時間が経っても見てもらいやすいという特徴があります。
さらに、顧客以外の家族や会社の従業員にDMを見てもらえる可能性が高い点も、紙の魅力です。

●五感に訴えるデザインは顧客の記憶に残せる

視覚に訴えられる多様なデザイン表現に加えて、紙ならではの香りや手触りといった五感に訴えることができるという点も、パーソナライズDMが注目されている理由です。視覚だけではない複数の感覚を刺激することで、広告内容をより顧客の記憶に残せられます。

●One to Oneマーケティングでベストな内容・タイミングでアプローチできる

多様化する顧客ニーズに応えるため、顧客に対して個別にマーケティングを行う「One to Oneマーケティング」が重要となっています。
パーソナライズDMは、商品購入履歴やアンケートなどのさまざまな顧客データを分析し、それに基づいて、顧客一人ひとりに合わせたアプローチを実行できます。そのため、顧客のニーズに合ったベストなコンテンツをベストなタイミングで発送し、アプローチできます。

 

2.パーソナライズDMを導入するメリット

パーソナライズDMを導入することで、従来のDMが持つ良さは維持しつつ、従来のDMとは異なるメリットを得ることができます。

パーソナライズDMを導入するメリットを一言で述べれば、反応率と顧客エンゲージメントを高めることができるという点です。ここでは、パーソナライズDMのメリットを詳しく解説します。

 

2-1.訴求力が高くレスポンス率アップが見込める

同じ商品・サービスでも、必要とする人はさまざまです。従来のDMは、多様な属性を持つターゲットに対して、同じ内容を発信していました。そのため、DMの反応率は低い傾向にあります。
しかし、DMの内容をパーソナライズ化することで、特別感が生まれ、DMに対する反応率を向上させることができます。

実際に、DMについての実態を調査した結果でも、一般的なDMよりもパーソナライズ化されたDMのほうが、「開封・閲読してみたい」と答える人が多くなっています。

「一般的なDMよりもパーソナライズ化されたDMを開封・閲読してみたいか」

開封したい:45.3%
開封したくない:18.6%

出典:一般社団法人日本ダイレクトメール協会「DMメディア実態調査2019」

顧客ニーズとマッチング精度の高い情報であるほど、訴求力が向上します。通常のDMよりも高いレスポンス率やコンバージョン率につなげられるため、パーソナライズDMを導入するメリットは大きいといえます。

 

2-2.顧客エンゲージメントの向上が期待できる

顧客エンゲージメントとは、顧客と企業の間で成立する信頼関係のことを指します。顧客エンゲージメントを感じてもらうためには、DMを見て「自分に向けた内容だ」と認識してもらう必要があります。

パーソナライズDMは、顧客一人ひとりに合わせた内容・タイミングのDMを送るため、プレミア感の演出が可能です。プレミア感を持たせることで、「大切に思われている」と顧客に感じさせることができ、企業への好感度を高められます。

パーソナライズDMを活用して、顧客に対して最適なアプローチを行い、愛着や信頼感を高めて顧客エンゲージメントを向上させましょう。

 

3.パーソナライズDMを成功させるコツ

パーソナライズDMを成功させるためには、いくつかのポイントがあります。ただ単に、パーソナライズ化させたDMを送るだけでは、販促効果を高められません。

特に、成功のために重要となるコツは、「ターゲット選定」と「タイミング」です。ここでは、両者について詳しく解説します。

 

3-1.本当に送るべきターゲットを厳選する

パーソナライズDMは、同じ内容の一般的なDMに比べると、印刷単価や発送単価が高くなる傾向にあります。

一般的なDMの場合、同一内容の印刷物を大量に印刷するため、印刷コストを低く抑えられます。さらに、郵便料金が割引となる「広告郵便割引」が適用されるケースが多く、1枚あたりの印刷・発送費用が少なくすみます。

しかし、パーソナライズDMの場合、印刷物が1通ずつ異なるケースが多く、広告郵便割引も適用されないケースがあります。そのため、費用対効果を考えると、レスポンスが期待できるターゲットを精査することが大切です。

パーソナライズDMを送る顧客は、顧客情報を参考に厳選する必要があります。性別や年代のほか、これまでの顧客行動データをもとに、ターゲットとする顧客を選定しましょう。

 

3-2.購買意欲が高まるタイミングで発送する

パーソナライズDMの最終的な目的は、顧客にアプローチし、行動へつなげることです。そのため、パーソナライズする理由や目的、求める効果を明確化し、紹介する商品やDM発送のタイミングを考える必要があります。

特に、パーソナライズDMを発送するタイミングは重要です。購入や問い合わせからの経過日数などによって、パーソナライズDMを送るタイミングをルール化しておきましょう。

 

4.パーソナライズDMを活用する流れ

顧客一人ひとりに対して最適化されたDMを発送するためには、DM作成から発送までを順序立てることが大切です。基本的には、「分析」「企画・デザイン」「印刷・発送」「計測」の順番に準備を進めます。

①分析

ターゲットを決定するために、性別や年齢、行動履歴といった顧客データをもとに分析を行います。顧客との関係維持やリピーター育成など、パーソナライズDMを送る目的や求める効果を明確化し、ターゲットを絞り込みます。

②企画・デザイン

明確化した顧客ターゲットや目的・効果をもとに、それらを達成するためのシナリオを考え、おすすめする商品や商品の説明文・画像データをそろえましょう。

③印刷・発送

すべての内容が決定すると、パーソナライズDMを印刷して発送します。

④計測

パーソナライズDMは、発送して完了ではありません。パーソナライズDM発送後の効果を計測・分析し、次回以降のDM作成に活用します。

 

4-1.パーソナライズDMの印刷は「ユニオン印刷」

「ユニオン印刷」は、圧着ハガキや圧着DM印刷サービスをはじめとした、オフセット印刷全般を扱う印刷の専門会社です。1971年創業という、半世紀に迫る歴史の中で培った確かな印刷技術や圧着加工の実績があります。

パーソナライズDMはタイミングが重要です。低価格で高品質なDMをスピーディーに仕上げて発送までを可能とするユニオン印刷は、DMを使ったマーケティングの強い味方となるでしょう。

 

まとめ

パーソナライズDMは、特別感を演出した顧客とのコミュニケーションを取ることができ、最適なコンテンツをベストなタイミングで届けることができます。
従来のDMよりも、パーソナライズDMは訴求力が高く、顧客エンゲージメントを向上しやすい、メリットの多いマーケティング手法です。

パーソナライズDMの印刷・発送を考えている場合は、長い歴史で培われた高度な印刷技術を持つ「ユニオン印刷」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

タイプから注文