会員登録

お得な郵便制度|業界最速・激安・高品質の圧着はがき・圧着DMは、後払い可能の「ユニオン印刷」

  • 翌日出荷OK
  • 宛名印字OK
  • OfficeデータOK

カードで決済できます

お問い合わせ・お見積りはこちら TEL:053-443-7821 FAX:053-443-7820 メールはこちら

お得な郵便制度

DM発送のコストを節約できるお得な制度です。
差出通数などの条件によって、郵便料金が3%〜最大39%の割引きになります。
(通常の52円のはがき3%〜最大39%、82円の封書3%〜最大43%)


郵便料金 割引きのお得な制度 広告郵便の基本割引率 料金別納郵便マークについて
料金別納 / 料金後納

郵便料金 割引きのお得な制度

郵便料金が割引きされるって知ってますか?

広告郵便物と承認されると差出し通数などの条件によって、郵便料金が3%〜最大39%の割引きとなります。 (通常のはがき3%〜最大39%、定形郵便物3%〜最大43%

広告郵便物とは

①【サイズ】縦140〜154mm、横90〜107mm /【重さ】2〜6g(往復はがき4〜12g)

②投函日の4日〜1週間前に出力や印刷見本・承認申請書を投函する郵便局へ提出し、承認されたもの。

③広告目的であり、外部に差出人の氏名・住所等が明確に記載されたもの。

④一度に2,000通以上発送し、配達に3日または1週間程度の余裕を承認したもの。

⑤受取人の郵便区番号ごとに区分されたもの。

上記5点が広告郵便物の条件となります。

広告郵便物で送れるもの
まるごとサポート

●キャンペーンやバーゲンセールの案内
●通信販売の広告
●展示即売会の案内
●会員加入の案内 など
×請求書、納品書や広告を主目的としない年賀状、暑中見舞い等の挨拶状、広報誌、各種会合の案内などは広告郵便には該当しません。

広告郵便の基本割引率
(通常はがき:V型二つ折り圧着・Z型三つ折り圧着・R型往復圧着)の条件

広告郵便物として承認していただくには、当社又はお近くの郵便局に事前にご相談下さい。
同一差出人から一度に2,000通以上が対象となります。
※配達に3日程度の余裕は、広告郵便の最低条件となります。

以下の表は、通常使用する広告郵便(はがきDM)の割引率です。

(配 達)
3日程度の余裕
(配 達)
1週間程度の余裕
「特 割」 「特 特」
特割り 特割り
差出枚数 バーコードなし バーコード付 バーコードなし バーコード付
2,000通~ 8% 11%
3,000通~ 11% 14%
5,000通~ 14% 17%
7,500通~ 15% 18%
10,000通~ 17% 20%
15,000通~ 18% 21%
20,000通~ 19% 22%
30,000通~ 20% 23%
50,000通~ 21% 24% 24% 27%
75,000通~ 22% 25% 25% 28%
10万通~ 23% 26% 26% 29%
20万通~ 25% 28% 28% 31%
30万通~ 27% 30% 30% 33%
50万通~ 29% 32% 32% 35%
80万通~ 31% 34% 34% 37%
100万通~ 33% 36% 36% 39%

※バ-コ-ド付きの場合は3%加算されます。
※1週間程度の余裕「特特」割引は、50,000通以上差し出しする場合が対象となり、
50,000通未満の「特特」割引は受けられません。

【例】差出枚数60,000通でバーコード付き。配達に1週間程度の余裕あり。の場合
27%(内訳:基本割引率21%+バーコード付き割引3%+特特割引き2%+地域区分店持込割引き1%

7日程度送達余裕承諾割引「特 特」の適用条件の変更

7日程度送達余裕承諾割引の適用条件として、新たに次の条件が追加となります。
条件:1 地域区分店(※1)等に差し出していただくこと
条件:2 同時に5万通以上差し出していただくこと
第三種郵便物に係る7日程度送達余裕承諾割引条件は、現行どおりです。
(※1)地域区分店等とは、内国郵便約款別記16に掲げる事業所です。

料金別納郵便マークについて

料金別納郵便マークには3種類のパターンがあります。用途に応じてマークを変更してください。

広告郵便

料金別納 / 料金後納

料金別納大量の郵便物を出すときに便利です。

通常郵便物を10通以上、または小包郵便物を10個以上同時に差出しされる際に利用できます。郵便切手を貼る手間が省け効果的な処理ができ、料金を一括して支払う方法です。郵便物の差出状況(月日、通数、金額)の記録ができるなどのメリットがあります。

料金別納

料金後納一ヶ月分の郵便料金を翌月に一括払い。

一ヶ月間に差出しされた郵便物の料金を、翌月にまとめて支払う方法です。郵便振替口座や金融機関の預貯金口座からの自動支払ができ、発送作業や経理業務の効率化が得られ、差出条件により月間割引制度の適用が受けられ、経費節減を図ることができます。

料金後納